メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

汚染水、今こそ国民討議を=林薫平・福島大学食農学類准教授

 東京電力福島第1原発の汚染水を処理した後に残る高濃度トリチウム水が敷地内に貯留されている。その容量に限界が近づいているとして、2016年以降、政府の設置する小委員会は処分方法を検討してきた。

 政府は「早期放出」へ誘導しようとし、一方で「長期保管」案が浮上し分裂の様相を呈している。今こそ問題の根本に立ち返り、これまで原発の汚染水を管理下に置こうとしてきた経緯と成果を踏まえ、国民参加による真摯(しんし)な議論を展開すべきだ。

 当初小委では、大気・海洋への放出案と、地下・地層での管理案が検討された。現在では、これに陸上・洋上…

この記事は有料記事です。

残り1049文字(全文1312文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです