メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

汚染水、今こそ国民討議を=林薫平・福島大学食農学類准教授

 東京電力福島第1原発の汚染水を処理した後に残る高濃度トリチウム水が敷地内に貯留されている。その容量に限界が近づいているとして、2016年以降、政府の設置する小委員会は処分方法を検討してきた。

 政府は「早期放出」へ誘導しようとし、一方で「長期保管」案が浮上し分裂の様相を呈している。今こそ問題の根本に立ち返り、これまで原発の汚染水を管理下に置こうとしてきた経緯と成果を踏まえ、国民参加による真摯(しんし)な議論を展開すべきだ。

 当初小委では、大気・海洋への放出案と、地下・地層での管理案が検討された。現在では、これに陸上・洋上タンクでの管理案が増えている。いずれにせよ政府と東電は一貫して、放出案は安く済み「リスクが解消する」として上位に置き、管理案は費用が高く「リスクが残存する」という説明で下位に置いてきた。

この記事は有料記事です。

残り962文字(全文1318文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです