メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

「類型化」に批判的な視点も=秦美香子・花園大准教授

 毎日新聞の8月6日朝刊には、ゴルフの全英女子オープンで優勝した渋野日向子選手について紹介する記事が複数掲載されていた。インタビューの中で「(女子力は)上がってません」という言葉が紹介されていたことに、(悪い意味での)懐かしさを覚えた。女性が「本来は私的領域に属する存在」であることを前提にしてしまい、女性の政治家などについて、その本業以上に「母親」や「妻」としての一面に注目して報道するメディアの問題は、過去何十年にもわたりジェンダー研究者たちが繰り返し指摘してきたはずだ。なぜ、偉業を成し遂げたスポーツ選手をこのように扱うのか。

 同じ日の社会面も「日向子スマイルの源」という主見出しに、「駄菓子」「父の教え」というキーワードが入…

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文831文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです