メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

心痛む過剰サービス=東洋大学国際学部教授・横江公美

 今夏の甲子園も例に漏れず、勝敗に加えて、連投が続く高校球児への負担も気になる話題だった。最近の高校野球では、投手の将来を考え、連投を良しとしない考えがようやく定着しつつあるが、短期決戦だからこそ、勝負とのせめぎ合いで悩む指導者と高校生によるドラマが生まれる。

 一方、さまざまな仕事では継続がより重要で、そのためには無理をしてはならない。しかし日本ではサービスという労働が不当に安く扱われ、無理が生じているのではないかと思う。客として温かいサービスはありがたいが、そこまでしてもらうのは悪い、体を壊すことにつながりやしないか、と心配になるのだ。

 例えばタクシーだ。初乗りが410円のタクシーの運転手が、ホテルで重そうな荷物を二つも三つも後部トラ…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文714文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球ドラフト指名漏れ 近江高・林投手、西濃へ 「3年後、必ずプロに」 /岐阜

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  4. 津波来たらトラも逃げて 高知の動物園、高さ3メートル以上に避難棚設置

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです