メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

火星の衛星、成り立ちに迫る JAXAの探査計画MMX

 小惑星探査機「はやぶさ2」に続き、小天体の採取物質を地球へ持ち帰る宇宙航空研究開発機構(JAXA)の計画が進んでいる。次の目的地は、人類が本格的に探査したことのない、火星の衛星だ。5年間にわたる世界初のミッションで、衛星の成り立ちに迫る。【池田知広】

 ●5年後打ち上げへ

 ミッションは「火星衛星探査計画」と呼ばれ、「火星の月探査」という意味の英文から文字を取った「MMX」の略称が付いている。探査機は2024年9月、開発中の次期基幹ロケット「H3」で打ち上げ予定だ。火星を周回する二つの衛星、フォボスかダイモスのいずれかに着陸し、表面を覆う砂粒や小石を採取。地球へ持ち帰って分析し、衛星の起源や、地球型惑星の環境ができた過程を調べる。

 衛星の大きさはフォボスが直径23キロ、ダイモスは直径12キロと、地球の衛星である月よりかなり小さい。フォボスは火星から約6000キロとかなり近くを回っており、接近すると火星の重力の影響を受けやすいが、プロジェクトチームは、より挑戦的なフォボスへの着陸を前提に検討中だ。

この記事は有料記事です。

残り1291文字(全文1744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

  5. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです