メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラインブレーク

ラグビーW杯日本大会 第5部 ジョセフJを読み解く/下 スマート

練習内容を振り返りながら意見を交わすラグビー日本代表の選手たち=宮崎市で2019年7月11日午後4時38分、谷口拓未撮影

「戦術の柔軟性」強み

 「チームが何をしようとしているか、勝つためにどのようなゲーム運びをすべきかを、よく理解している選手を選考した」

 選手の自主性を尊重し、判断力を養うよう促してきたラグビー日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)の狙いは、「スマート(賢い)」なラグビーの実践にあった。

 自由に判断する機会を得た選手たちは、より責任を自覚し、知恵を振り絞るようになった。試合や練習の内容を細かく分析して話し合い、改善点を明確にして対応策を練った。こうした作業の積み重ねで戦術への理解は深まり、戦略の引き出しは増えていった。

 7~8月にあった国際大会「パシフィック・ネーションズカップ(PNC)」で、成果の一端が表れた。フィ…

この記事は有料記事です。

残り709文字(全文1026文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです