メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラインブレーク

ラグビーW杯日本大会 第5部 ジョセフJを読み解く/下 スマート

練習内容を振り返りながら意見を交わすラグビー日本代表の選手たち=宮崎市で2019年7月11日午後4時38分、谷口拓未撮影

 「チームが何をしようとしているか、勝つためにどのようなゲーム運びをすべきかを、よく理解している選手を選考した」

 選手の自主性を尊重し、判断力を養うよう促してきたラグビー日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)の狙いは、「スマート(賢い)」なラグビーの実践にあった。

 自由に判断する機会を得た選手たちは、より責任を自覚し、知恵を振り絞るようになった。試合や練習の内容を細かく分析して話し合い、改善点を明確にして対応策を練った。こうした作業の積み重ねで戦術への理解は深まり、戦略の引き出しは増えていった。

 7~8月にあった国際大会「パシフィック・ネーションズカップ(PNC)」で、成果の一端が表れた。フィジー戦では巧みにパスをつなぐランプレーが得意な相手の攻撃を封じるため、戦術の軸としてきたキックを減らした。あえてFWを中心にボールをキープしてカウンターを防ぎ、素早いテンポの攻撃で難敵のフィジーから8年ぶりの勝利を収めた。

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文1026文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ感染拡大受け 6日に諮問委員会

  4. 安倍首相 緊急事態宣言発令、近く判断 官邸関係者「いつ出てもおかしくない」

  5. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです