メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラインブレーク

ラグビーW杯日本大会 第5部 ジョセフJを読み解く/下 スマート

練習内容を振り返りながら意見を交わすラグビー日本代表の選手たち=宮崎市で2019年7月11日午後4時38分、谷口拓未撮影

 「チームが何をしようとしているか、勝つためにどのようなゲーム運びをすべきかを、よく理解している選手を選考した」

 選手の自主性を尊重し、判断力を養うよう促してきたラグビー日本代表のジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)の狙いは、「スマート(賢い)」なラグビーの実践にあった。

 自由に判断する機会を得た選手たちは、より責任を自覚し、知恵を振り絞るようになった。試合や練習の内容を細かく分析して話し合い、改善点を明確にして対応策を練った。こうした作業の積み重ねで戦術への理解は深まり、戦略の引き出しは増えていった。

 7~8月にあった国際大会「パシフィック・ネーションズカップ(PNC)」で、成果の一端が表れた。フィジー戦では巧みにパスをつなぐランプレーが得意な相手の攻撃を封じるため、戦術の軸としてきたキックを減らした。あえてFWを中心にボールをキープしてカウンターを防ぎ、素早いテンポの攻撃で難敵のフィジーから8年ぶりの勝利を収めた。

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文1026文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです