ラグビー リポビタンDチャレンジカップ 本番へ最後の実戦、あす南ア戦

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本ラグビー協会は4日、W杯日本大会に向けた南アフリカとの壮行試合「リポビタンDチャレンジカップ2019」(6日午後7時15分開始、埼玉・熊谷ラグビー場)に臨む日本代表23人を発表した。フランカーのリーチ主将(東芝)やWTB福岡(パナソニック)らが先発に名を連ねた。W杯前の最後の実戦で、W杯メンバーで臨む初の試合でもある。ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は「強豪相手でなければ現状は把握できない」と…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

あわせて読みたい

注目の特集