メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号1年 農業施設未復旧、大阪25市町村 水ナス農家「苦しい」

骨格がひしゃげたままのビニールハウスを見つめる上坂孝博さん=大阪府岸和田市で2019年8月29日午後4時2分、芝村侑美撮影

 近畿地方に深刻な被害をもたらした昨年9月の台風21号の後、復旧できていない農業施設を抱える大阪府内の自治体が、今年7月時点で43市町村中、6割近い25市町村に上ることが府への取材で分かった。昨年は災害が重なり、施設を修理する業者の確保が難しいため、復旧に向けた工事が未着手の施設もある。一方で施設の建て替えを機にIT(情報技術)を導入し、新たな栽培方法に挑戦する農家もいる。【芝村侑美】

 府環境農林水産部によると、台風21号により、府内市町村の約9割にあたる38市町村で施設が被害を受けた。面積換算で府全体のビニールハウスの3分の1が被災するなど施設の被害額は69億円と試算され、7月末時点で南部中心の25市町村に復旧できていない施設がある。国の補助事業を活用したハウスや畜舎、倉庫など施設のある34市町村を調べたところ、約65%の施設で復旧工事が済むか再建中だが、残りの約35%は着工…

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文992文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです