メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LookWESTけいざい

バイオベンチャーが京阪神に集結 共同研究の活発化で夢の新薬誕生に期待

特殊ペプチドを生産するペプチスターの工場=大阪府摂津市で2019年7月10日午後1時19分、宇都宮裕一撮影

 最先端の医薬品開発を進めるバイオベンチャーや新たな医療機器開発を手掛ける企業の活動が京阪神で活発化している。京都大iPS細胞研究所などiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った再生医療をリードする研究機関や大手製薬会社が集積し、医療分野の研究やビジネスが活発な土地柄。研究機関と企業の共同研究が活発なことも背景にあり、有望な新薬誕生に向けた期待も高まっている。【工藤昭久、宇都宮裕一、杉山雄飛】

 真新しい工場建屋に足を踏み入れると、金属製の配管が縦横無尽にひしめき合っていた。化学プラントさなが…

この記事は有料記事です。

残り1909文字(全文2155文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです