連載

クトゥーゾフの窓から

2018年春から2度目のモスクワ勤務に臨んでいます。目抜き通りの一つ「クトゥーゾフ通り」に面する支局の窓を開けると、何が見えてくるのか。周辺地域ものぞき込みながら考えていきます。

連載一覧

クトゥーゾフの窓から

北の島々は(6) 日露の防衛交流 関係拡大の起爆剤となるのか

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
クレムリンの近くで合同演奏する陸上自衛隊の中央音楽隊とロシア軍の音楽隊=モスクワで2019年8月28日、大前仁撮影
クレムリンの近くで合同演奏する陸上自衛隊の中央音楽隊とロシア軍の音楽隊=モスクワで2019年8月28日、大前仁撮影

 日露両国は今年1月に平和条約交渉を始めたが、歴史認識や安全保障を巡る問題が障害となり、進展の兆しが見えない。打開策を模索する日本側からは、関係拡大の起爆剤としてロシアとの防衛交流に期待する声が出ている。日露の防衛交流を巡る現状を探ってみた。

 陸上自衛隊の中央音楽隊は8月下旬からモスクワを訪れ、中心部の「赤の広場」で開かれた軍楽祭スパスカヤ・タワーに参加した。別途、ロシアの軍楽隊と同じく中心部にあるクレムリン近くで合同演奏に臨み、東京五輪(1964年)の開会式で演奏された「ファンファーレ&マーチ」やロシアの作曲家チャイコフスキーの作品を演奏し、聴衆から大きな拍手を送られた。

 陸自音楽隊の軍楽際での演奏について、ロシア国防省のマヤーキン軍楽局長は「とても良かった。日露の相互理解につながってくれればいい」と評価。音楽隊の樋口孝博隊長も「大きな拍手をもらい、歓迎されていることを実感した」と満足げだった。軍楽祭への参加は、今年5月の日露防衛相会談で合意した防衛交流の一事業である。日露首脳が9月5日に会談することから、話題に上る効果も狙っていた模様だ。

この記事は有料記事です。

残り1706文字(全文2184文字)

あわせて読みたい

注目の特集