メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日露、遠い平和条約締結 首脳会談で「交渉継続」は一致

 安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領は5日の首脳会談で、北方領土問題を含む平和条約締結交渉について「交渉継続」で一致したものの、大きな進展はなかった。暗礁に乗り上げた交渉について新たな目標期限を設定できず、日本側が目指した「仕切り直し」には至らなかった。首脳間の信頼関係を北方領土問題の解決につなげる戦略には限界が見え隠れし、首相が目指す自民党総裁任期(2021年9月まで)の条約締結は遠のいている。

この記事は有料記事です。

残り2152文字(全文2353文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で長野のライフラインにも打撃 1万1000人態勢で復旧作業

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 埼玉の養豚場で殺処分開始 台風の影響でずれ込む 豚コレラ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです