メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三重北部で記録的雨 四日市などに大雨警報 土砂災害に警戒を 気象庁

気象庁が入るビル=高添博之撮影

[PR]

 気象庁によると、三重県北部は5日未明に記録的な大雨となり、1時間に120ミリを超える猛烈な雨が観測された。北部の四日市市、桑名市、鈴鹿市、いなべ市、南部の伊勢市、鳥羽市、志摩市などに大雨警報を出すとともに、伊勢市、鳥羽市に避難が必要となる危険な状況を示す「警戒レベル4相当」の土砂災害警戒情報を出した。

     前線が黄海から朝鮮半島を通って北陸付近に延び、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいる。三重県では大気の状態が非常に不安定となり、伊勢湾周辺に発達した雨雲が流れ込む状況が続いている。このため雷を伴って非常に激しい雨の降っている所がある。4日午前9時の降り始めから5日午前4時までの降水量は多い所で、四日市212.5ミリ▽いなべ市北勢184ミリ▽桑名161ミリとなっている。

     同庁は土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒し、竜巻などの激しい突風、落雷、ひょうにも注意するよう呼び掛け、発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努めるよう求めている。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 御嶽海が2回目の優勝 決定戦制す 大相撲秋場所

    2. ORICON NEWS 水川あさみが窪田正孝と結婚「互いに人としても役者としても尊敬」[コメント全文]

    3. 宮崎で竜巻か 車が横転、屋根も飛ぶ 5510戸が停電

    4. 新宿・歌舞伎町 ホストの街に散る命--事件記者ルポ

    5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです