山口・下関に新酒蔵誕生へ 「児玉酒造」の事業継承 銘柄「長門菊川」残す

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
建設が進む酒蔵と藤岡杜氏
建設が進む酒蔵と藤岡杜氏

 山口県下関市菊川町で新たな酒蔵の建設が進んでいる。この地にあった酒造会社を引き継ぎ、「長州酒造」として生まれ変わった酒が、来秋にも味わえそうだ。

 太陽光発電システムの製造・販売などで知られる長州産業(山陽小野田市)が異業種参入し、廃業の危機にあった「長門菊川(ながときくがわ)」児玉酒造の事業を昨年継承した。「長州酒造」に名称変更し、蔵が老朽化していたため、建物を一新。2階建てで防湿作用がある木造の骨組みと断熱材を使い、12月末に完成する。20年4~6月に試験醸造し、秋からの販売を目指す。直売所も設ける。

 醸造責任者である「杜氏(とうじ)」を務めるのは藤岡美樹さん(44)。香川県の「川鶴」川鶴酒造や三重県の「作」清水清三郎商店で経験を積んできた。藤岡杜氏は「建物を含めてゼロからのスタート。まず酒蔵として美味しい酒を醸せる体制づくりを整えるのが第一段階」と話す。

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文832文字)

あわせて読みたい

ニュース特集