メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡の女性 震災機に北海道厚真の旅館で学習塾開く「つながりの場に」

改装した旅館内で話をする竹内瑞穂さん=北海道厚真町で2019年9月4日、貝塚太一撮影

 北海道胆振(いぶり)東部地震で、一時はついえそうになった夢に挑戦する女性がいる。福岡県出身の竹内瑞穂さん(45)。地震後に厚真町で始めた震災ボランティアが縁で、後継者を探していた地元の老舗「押見旅館」を引き継いだ。地震から1年を迎える9月末には旅館の食堂を活用し、念願だった学習塾を開く。

 町の中心部にある「Dino(ディノ)旅館」。当地で約40年営業してきた押見旅館を改装し、今年6月にオープンした。復興作業に関わる工事関係者に加え、オーストラリアや台湾など道内外の観光客が相手だ。

 竹内さんは京都の大学を卒業後、国内各地で警備員や新聞配達などさまざまな仕事に就いた。たまたま立ち寄った北海道が気に入り、15年前に京極町に家を見つけて移住。大学で教育学を学んだ経験を生かして学習塾を開いた。

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文1094文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スーパーのカゴ、金網まで…BBQごみ「いたちごっこ」 禁止でも放置やまず

  2. コロナ患者また抜け出し 大阪の療養ホテルから 府が警備員増員する直前

  3. 「予防効果一言も」「しゃべれなくなる」うがい薬発表翌日の吉村知事一問一答

  4. 「60」は首相の推薦者 桜を見る会、招待者名簿を初開示 06年開催

  5. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです