メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

婚姻届不受理で「違憲」と国提訴 福岡の男性カップル「差別を助長」

弁護団とともに福岡地裁に提訴するこうすけさん(中央)とまさひろさん(左)=福岡市中央区で2019年9月5日午前10時、宗岡敬介撮影

 同性の法律婚が認められないのは違憲だとして、福岡市の男性カップルが5日、国に損害賠償を求める訴訟を福岡地裁に起こした。同性婚を認めない法制度を問う訴訟は東京など全国4地裁で2月に一斉提訴されたが、九州・山口での提訴は初めて。2人は「同性婚が日本で実現し、将来同じような問題で悩む人が減ってほしい」と訴えている。

 訴えたのは会社員、こうすけさん(30)と同、まさひろさん(31)=フルネームと漢字表記は非公表。2017年5月に交際を始め、翌月から同居している。今年7月に福岡市内の区役所に婚姻届を提出したが「男性同士を当事者とする婚姻届は不適法である」として受理されなかった。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文645文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Snow Man『anan』グラビアで“色気の大渋滞” 2ndシングル発売日に表紙飾る

  2. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

  3. 関脇・正代が初優勝 「大関昇進」確実に 大相撲秋場所

  4. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  5. 番付が泣く「黒歴史」 大関の優勝、20場所なし 下克上阻止できるか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです