メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

少年のような「光秀」と飲み交わす日本酒 「麒麟がくる」ゆかりの地で

「光秀」のラベルに描かれた明智光秀=滋賀県高島市の福井弥平商店で2019年9月4日午前11時55分、塚原和俊撮影

 日本酒「萩乃露(はぎのつゆ)」の蔵元「福井弥平商店」(滋賀県高島市)が、来年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の主人公で戦国武将、明智光秀にちなんだ日本酒「光秀」を発売した。ラベルには従来のイメージを打ち破るような、若々しく躍動する光秀の姿が描かれている。福井毅社長(47)は「お酒を味わいながら、湖国ゆかりの光秀の姿をいろいろと想像してほしい」と話した。

 近江国(滋賀県)出生説もある光秀は、織田信長が琵琶湖を囲むように築いた安土城(同県近江八幡市)など…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 氷河期世代支援「使い捨て」脱するには… 先行する埼玉で問題点を探った

  2. 小泉環境相、石炭火力の輸出制限表明を見送り COP演説 国際的反発必至

  3. ORICON NEWS 翁の能面のような優しい顔…ゴールデンレトリバーの“おじいわん”に反響「老犬の魅力伝えていきたい」

  4. 羽生一問一答「自分の中の勝負には勝てた」「40点差、大きくない」

  5. 女王ザギトワ、まさかの最下位 ジャンプが軒並み回転不足 GPファイナル女子

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです