メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

玉城デニー沖縄知事、岩屋防衛相と会談 辺野古移設で議論は平行線

会談を終え、対照的な表情で会場を後にする岩屋毅防衛相(左)と沖縄県の玉城デニー知事=那覇市の県庁で2019年9月5日午後4時42分、遠藤孝康撮影

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設を巡り、岩屋毅防衛相は5日、沖縄県庁で玉城デニー知事と会談した。岩屋氏が「沖縄における抑止力を低減させるわけにはいかない」として改めて移設を進める考えを強調したのに対し、移設に反対する玉城知事は「工事を中止し、対話で解決の道のりを探ってほしい」と求め、議論は平行線をたどった。

 岩屋氏は会談に先だって辺野古の移設工事現場を視察。会談では、埋め立て予定海域で見つかった軟弱地盤の改良工事に向け、土木工学などの専門家でつくる技術検討会の初会合を6日に防衛省で開催すると説明し、「透明性を保った形で検討を進め、その結論を基に設計変更の承認申請をする」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り225文字(全文533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「西大寺会陽」無観客で開催へ 日本三大奇祭の一つ 「宝木」争奪戦も中止 岡山

  2. 安倍前首相、自身への事情聴取要請「聞いていない」 「桜」前夜祭

  3. 新型コロナ GoToトラベル延長 来年6月まで 政府方針

  4. 新型コロナ GoToトラベル 東京発着解約、13日まで無料

  5. 安倍前首相本人に任意聴取を要請 「桜を見る会」前夜祭 東京地検特捜部

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです