メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

難病で長期療養中の小1がモンテディオ山形入団「いっぱい練習したい」

モンテディオ山形に入団した富樫陽向さん=山形県天童市で2019年9月4日、日高七海撮影

 サッカーJ2のモンテディオ山形に4日、骨肉腫の治療を続けている山形県東根市の小学1年生、富樫陽向(ひなた)さん(6)が入団した。天童市内で行われた記者会見で富樫さんは「早く走れるようにいっぱい練習したい。選手からは『ひなた』と呼ばれたい」と入団を喜んだ。今後は選手とともに練習に参加したり、マネジャーの仕事を手伝ったりするという。【日高七海】

 病気で入院や治療を余儀なくされている子どもやその家族をスポーツを通じて支えるNPO法人「BeingALIVEJapan(ビーイング・アライブ・ジャパン)」の事業「TEAMMATES(チームメーツ)」の一環として入団した。同事業を東北地方で実施するのは初めてという。

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文558文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  2. 不倫「リンチ」過熱する社会、「完璧な人なんていないのに」金子元議員が問う「許すチカラ」

  3. iPSで国内初のがん治療、千葉大などが治験実施、移植成功

  4. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです