メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

We♡Rugby~世界のフィールドから

「フラワー・オブ・スコットランド」事実上の国歌で選手とファンに一体感

フランス代表との試合開始直前に合唱するラグビー・スコットランド代表の選手たち=スコットランド・エディンバラのマレーフィールドで24日、喜屋武真之介撮影

 9月20日に開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の1次リーグで日本と対戦するスコットランドには、広く市民に愛されてきた民族歌がある。事実上の「国歌」とも位置づけられる「フラワー・オブ・スコットランド」だ。試合前に選手やファンが合唱し、自然と一体感が生まれる。元々は独立国家だった民族の伝統と祖国への誇りを守り続ける決意が、静かなメロディーと「国花」アザミに込められている。

 タータンチェックの民族衣装姿のバグパイプ奏者による旋律に乗り、大合唱がスタジアムを包み込んだ。中心…

この記事は有料記事です。

残り761文字(全文1004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです