特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

パラアスリート交差点

車いすバスケ・鳥海連志「やってみる」東京パラに向け競技の見どころ紹介

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
車いすバスケットボール男子の4カ国対抗戦「ワールドチャレンジ・カップ」の韓国戦で前線にパスを出す鳥海連志(左)=東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで2019年9月1日、藤井達也撮影
車いすバスケットボール男子の4カ国対抗戦「ワールドチャレンジ・カップ」の韓国戦で前線にパスを出す鳥海連志(左)=東京・武蔵野の森総合スポーツプラザで2019年9月1日、藤井達也撮影

 東京パラリンピックのスケジュールが発表され、9日にチケットの抽選販売の申し込みが締め切られました。皆さんは申し込みをされましたか。申し込んだ方は、当選することを願っています。

 東京パラリンピックの車いすバスケットボールは、武蔵野の森総合スポーツプラザと有明アリーナで行われます。2016年リオデジャネイロ・パラリンピックで、日本は1次リーグで敗退しました。リオ大会の成績を超え、メダル獲得に向けた重要な一戦となる準々決勝は9月2日、有明アリーナで行われます。そのコートに立つイメージは既にできています。

 車いすバスケのチケットが当選し、実際に購入するかどうかを悩む方もいるかもしれません。そこで、改めて車いすバスケの見どころを僕なりに紹介したいと思います。まず、初めて観戦する方は、車いす同士がぶつかり合う激しさに驚かれることでしょう。車いすは静かに扱うイメージがあるかもしれませんが、先入観を覆されるはずです。何度か見ていただいた方には、戦略や戦術の緻密さを楽しんでいただけると思います。

この記事は有料記事です。

残り1361文字(全文1807文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集