メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベネチア映画祭便り

蜷川実花監督インタビュー後編 出産か仕事か 2択を迫られるスタッフをサポートするシステムが必要

2日にあったイベント「ジャパン・フォーカス」の記者会見で話す蜷川実花監督(左から3人目)=イタリア北部ベネチア・リド島で2019年9月2日午前11時40分、井上知大撮影

 9月13日に公開される、蜷川実花監督の新作映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」。ベストセラー作家、太宰治が、入水自殺する直前に関わった3人の女性たちとの関係を描く。蜷川監督のインタビューの後編は、日本だけでなく、世界的にも課題として指摘されている女性監督の少なさなどについて意見を聞いた。【ベネチア井上知大】

 開催中の第76回ベネチア国際映画祭では、最新の日本映画を上映する「ジャパン・フォーカス」が催された。2日の記者会見では、「人間失格……」の蜷川監督のほか、瀬々敬久監督の「楽園」(10月18日公開)に出演する俳優の村上虹郎さんや、各映画のプロデューサーらが作品をPRしていた。各映画は2~3日に上映され、このほかに作家、恩田陸の同名小説が原作の「蜜蜂と遠雷」(10月4日公開)、周防正行監督の「カツベン!」(12月13日公開)などが日本に先駆けてイタリア・ベネチアで上映された。

 ――ベネチア国際映画祭は来たことがありますか?

この記事は有料記事です。

残り4878文字(全文5297文字)

井上知大

2013年入社。静岡支局を経て18年から学芸部。テレビ、ラジオなど放送分野に続き、19年からは映画を担当している。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  4. 眞子さま29歳に 延期の挙式、宮内庁「何らかの発表はあろうかと」

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです