メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

南アフリカに昆虫食専門店が限定オープン、「コロッケみたいな味」

 南アフリカのケープタウンで、昆虫食専門レストラン「インセクト・エクスペリエンス」が期間限定でオープンしている。写真は同店で8月撮影(2019年 ロイター/Sumaya Hisham)

[PR]

 [ケープタウン 3日 ロイター] - 南アフリカのケープタウンに、昆虫食専門レストラン「インセクト・エクスペリエンス」が期間限定でオープンし、話題を呼んでいる。シェフのマリオ・バーナードさんによると、同国では初だという。

 バーナードさんは、4年前にタイへ旅行した際、サソリのグリルと、ニンニクとスパイスをきかせたカリカリの虫料理を食べて気持ち悪いと感じたものの、この経験が新しい虫料理を生み出すきっかけになったと話した。

 レストランのメニューに並ぶのはミールワーム、シロアリ、コオロギ。客のアンジェロ・カレルスさんは「虫っぽい味はしなかった」とコメント。「コロッケのような、ジャガイモやひよこ豆のような味で、ほんのり香ばしくスパイシーだった」と満足げに語った。

 タンパク質、食物繊維、ミネラルが豊富な昆虫食は、持続可能で安価な食料として注目されている。国連によると、虫には1900以上の食用種がある。

 バーナードさんは「世界の人口が増えれば増えるほど農地は少なくなる。たくさんの虫を収穫するには狭い土地とわずかな水だけで十分で、環境に良いことは明らかだ」と語った。

 レストランは7月にオープンし、11月まで営業を続ける予定だという。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  2. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  3. 餌代ありがとう ヒツジ200頭、感謝を込めて「うし」 千葉・マザー牧場

  4. 全国高校ラグビーの組み合わせ決定 王者・桐蔭学園は茗渓学園と対戦

  5. 「限界。今こそ経済より感染対策を」 崩壊寸前の医療現場 影響は一般患者にも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです