メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画「ラスト・ムービースター」の一場面

 かつては華やかなハリウッドのスターだったが、今は寂しく暮らしているヴィック(バート・レイノルズ)。小さな映画祭に招待された彼は旧友でかつての人気俳優、ソニー(チェビー・チェイス)にも促されて参加することを決める。しかし映画ファンによる低予算の手作り映画祭は、何とも地味なものだった。

 昨年、82歳で他界したレイノルズの最後の主演作。わびしい晩年を送る元スターという笑えないキャラクターだが、自虐的なユーモアを繰り出してくるレイノルズがどこか愛らしい。キャリアも私生…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文584文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  2. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです