メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・特選掘り出し!

台風家族 先読みできない相続争い

映画「台風家族」の一場面

 空き家となった実家で両親の葬儀を営むために、小鉄(草彅剛)が妻子を連れてやって来た。といっても、ひつぎは空。父親は10年前に銀行から2000万円を奪い母親と逃走し、依然行方不明。失踪宣告を受けて死亡と見なされたのだ。やがて弟京介(新井浩文)と妹麗奈(MEGUMI)、その恋人登志雄(若葉竜也)も到着。目当ては残された土地で、相続の話し合いは取っ組み合いに発展。遅れて三男千尋(中村倫也)が現れると、混乱に拍車がかかる。

 市井昌秀監督は遺産争いのコメディーを快調に走らせた。きょうだいは両親への愛情とは無縁、欲望むきだし。意地汚い小鉄を筆頭にアクの強い人物の駆け引きで笑わせる。それぞれの思惑や長年の確執を小出しにしながら引き付けて、争いが膠着(こうちゃく)すると新たな人物や秘密の暴露を投入。先読みできない物語を、失速することなく引っ張ってゆく。人間の本音を冷笑しつつ人情話も盛り込んで、笑いながらちょっとしんみり。巧…

この記事は有料記事です。

残り118文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホンダ熊本が8強入り決める JR東日本は打線が沈黙 都市対抗

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 競馬ジャパンカップ アーモンドアイが有終の美 引退レースで最強証明

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです