メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「引っ越し大名!」がヒットした。これはうれしい。今年の期待作「居眠り磐音(いわね)」の不振を、同じ時代劇が挽回したからだ。もちろん、時代劇とはいえ中身は違う。ただ、このジャンルが日本映画にとって大切なのは変わりない。今回は、最終の興行収入で15億円が狙える。

 藩の武士たちが、姫路から九州・豊後に家族ごと移る。いわゆる国替えだ。お金がかかる。その責任者を星野源が演じる。彼が主役となったことで、軽くてコメディー色のある作品の体裁が固まっ…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 日立製作所vsヤマハ 第6日第1試合スタメン 午前10時から 都市対抗野球

  5. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです