メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

舞台をゆく 淡路島に「NARUTO」の里 ニジゲンノモリ 絆と平和、たたえる自然

訪れる人を迎える巨大な「火影岩」=兵庫県淡路市で、伊地知克介撮影

 静かな森の中に突然、キャラクターの顔をかたどった巨大な火影(ほかげ)岩が現れる。兵庫県淡路市楠本の県立淡路島公園にある「NARUTO&BORUTO忍里(SINOBI―ZATO)」は、漫画やアニメで人気の忍者の世界を体験できる。島の豊かな自然を生かしたユニークな「舞台」を歩いた。【伊地知克介】

 漫画「NARUTO―ナルト―」(岸本斉史)は、体に「九尾の妖狐」を封印した忍者・うずまきナルトが、多くの強敵との闘いを乗り越えて成長していく物語。「週刊少年ジャンプ」(集英社)に1999年から15年にわたって連載され、アニメ化されたほか、最近は歌舞伎として上演された。

 忍者が主人公とあって、海外のファンが多いのも特徴。人材サービスを手がけるパソナグループが淡路島の地…

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1317文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです