メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

舞台をゆく 淡路島に「NARUTO」の里 ニジゲンノモリ 絆と平和、たたえる自然

訪れる人を迎える巨大な「火影岩」=兵庫県淡路市で、伊地知克介撮影

 静かな森の中に突然、キャラクターの顔をかたどった巨大な火影(ほかげ)岩が現れる。兵庫県淡路市楠本の県立淡路島公園にある「NARUTO&BORUTO忍里(SINOBI―ZATO)」は、漫画やアニメで人気の忍者の世界を体験できる。島の豊かな自然を生かしたユニークな「舞台」を歩いた。【伊地知克介】

 漫画「NARUTO―ナルト―」(岸本斉史)は、体に「九尾の妖狐」を封印した忍者・うずまきナルトが、多くの強敵との闘いを乗り越えて成長していく物語。「週刊少年ジャンプ」(集英社)に1999年から15年にわたって連載され、アニメ化されたほか、最近は歌舞伎として上演された。

 忍者が主人公とあって、海外のファンが多いのも特徴。人材サービスを手がけるパソナグループが淡路島の地…

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1317文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  5. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです