メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

続・西谷流地球の歩き方

続・西谷流地球の歩き方 戦争孤児に穏やかな日々を

モスクの前で、中村哲さん=西谷文和さん提供

 2010年1月、アフガン東部のジャララバードで中村哲さんに出会った。

 クナール川から7年もの歳月をかけて運河を引き込み、戦争と干ばつで荒れた大地を緑に変えてきた中村さん。運河建設と共に進めてきたのがモスクと学校の建設だった。

 「戦争孤児たちはパキスタンに逃げて、マドラサ(神学校)で勉強しているのです。あそこには過激な人たちがいるから」。そう、タリバンはパキスタンのマドラサで生まれた。

 インドと対立するパキスタンは「前門の虎(インド)後門の狼(アフガン)状態」を避けるため、アフガンを…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  5. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです