メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

健康マージャン、自治体で広がり 卓囲み、高齢者生き生き 介護予防に教室開設、講師育成に課題も /福島

下郷町の健康マージャン教室。高齢者の健康維持対策の一環として県内で広がりつつある=福島県下郷町のグリーンプラザ田沼文蔵記念館で(同町提供)

 「お金を賭けない、お酒を飲まない、たばこを吸わない」の3原則を掲げる「健康マージャン」が、高齢者の健康維持対策として注目を集め、教室を開設する自治体が県内で徐々に広がりを見せている。西郷村がいち早く取り組み始めたのをきっかけに、今年度は下郷、棚倉両町など4町村が新たに導入または検討を進めている。ただ、初心者に分かりやすく教えられる講師は少なく、普及させていく上で課題も浮かぶ。【湯浅聖一】

 健康マージャンは、指先を動かしながら頭を使うため脳の活性化につながり、認知症予防にも効果があるとい…

この記事は有料記事です。

残り909文字(全文1155文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 安倍政権で費用2倍「桜を見る会」は税金で何をしているのか

  4. 京都選挙区、立憲新人の増原氏が落選

  5. 自衛官2人、10分居眠りで停職 弾薬庫の警備中 兵庫・伊丹

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです