メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群大、宇都宮大が協定 来年度、共同教育学部設置 文科省申請受理 /群馬

協定書を締結した群馬大学の平塚浩士学長(左から2人目)と宇都宮大学の石田朋靖学長(同3人目)=前橋市荒牧町の群馬大学で

 群馬大学(前橋市)と宇都宮大学(宇都宮市)は5日、全国初となる国立大の「共同教育学部」の設置申請を文部科学省が正式に受理したことを受け、協定書を締結した。少子化で教員需要が減り、全国の教員養成大学の定員も段階的削減を迫られる中、両大は地域教員育成機関としての役割を今後も継続的に果たすために手を組むことを決めた。2020年度から設置する。【鈴木敦子】

 両大学長は5日、群馬大荒牧キャンパス(前橋市)で合同記者会見した。群馬大の平塚浩士学長は「急激な時…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文581文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです