メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「東京パラ大会出場を」 本庄、7高校が募金 地元校出身、小久保選手に寄付 /埼玉

松沼花音・七高祭実行委員長(中央)から寄付金を贈呈された小久保寛太選手(左から2人目)=埼玉県本庄市役所で

 県立本庄特別支援学校(本庄市)の卒業生で、東京パラリンピック出場を目指す走り幅跳び(知的障害)の小久保寛太選手(20)=かつみ会=に3日、本庄市内7校の高校生が「活動費に充ててほしい」と合同文化祭「七高祭」で集めた寄付金8万円を贈呈した。

 七高祭は7月に開催。昨年まで6校で行っていたが、今年から特別支援学校高等部が加わったことを記念し、障害者スポーツ支援を目的に会場で寄付を募った。寄付した人には、同校高等部が中心となって考案したオリジナルジュー…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  4. 生かせなかった“原爆搭載機情報” 96歳「広島に空襲警報出せていたら」

  5. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです