メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 東京オリンピックメモリアルギャラリー(東京都世田谷区) /東京

1964年当時のユニホームや制服。床には走り幅跳びなどの記録が入り口からの距離で表示されている=東京オリンピックメモリアルギャラリーで

来年の五輪予習に

 駒沢オリンピック公園は、2020年東京五輪・パラリンピックの聖火リレーの東京におけるスタート地点である。公園内には、前回の東京大会(1964年)のレスリング会場となった体育館があり、そこにギャラリーが併設されている。

 入り口のそばには前回大会の日本選手団が着用した公式ユニホームが展示され、トレーニングユニホームには「NIPPON」の文字が躍る。本物の金銀銅メダル、聖火ランナーが使ったトーチもある。同公園総合運動場のサービス担当、井村圭孝(よしたか)さん(32)が言う。

 「来年の東京大会を前に前回大会を振り返り、競技や当時の記録を体感してほしい」

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文678文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです