メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

AIが児童の学習支援 2校結び実証実験 上教大付属小 /新潟

上越教育大学付属小で披露された人工知能が支援する「遠隔協調学習システム」の実証実験授業=新潟県上越市で

 上越市の上越教育大付属小と甲府市の山梨大教育学部付属小をテレビ会議システムで結び、教師を人工知能(AI)が支援する「遠隔協調学習システム」を用いた授業の実証実験が5日、両校であった。小規模校と大規模校を結び、子どもの学びを深める授業の展開が期待されている。

 このシステムは、長岡技術科学大(長岡市)など県内外の3大学と1社が共同で、一般の公立学校向けに昨年度から3年間で開発を進めている全国初の試み。運用は上教大が行う。

 この日は算数の授業に両校の5年生が参加。上教大付属小からは2組の36人が参加した。各校2人1組で1…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文620文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 織田信成さんの要求 関大「妥当ではない」と判断 モラハラ訴訟で経緯公表

  4. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  5. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです