メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

触れて鑑賞 岐阜盲学校で美術展 /岐阜

「大きな種」シリーズの作品を抱きかかえて鑑賞する児童=岐阜市北野町の県立岐阜盲学校で

 県障がい者芸術文化支援センター長の土屋明之さん(65)による立体作品28点の美術展が、岐阜市北野町の県立岐阜盲学校で開かれている。25日までで、いずれの作品も生徒や一般の人も触って鑑賞することができる。

(支局で研修中の司法修習生、真野竜伸が記者とともに取材し、執筆しました)

 同校が、こうした「盲学校美術館」を開くのは7回目。生徒らが美術鑑賞する機会を増やし、地域と交流する場と位置付けている。

 作品は、ミツロウやパラフィンを使った立体の「大きな種」シリーズや、鉄さびや銅の緑青で彩色した壁面掲…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文550文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  5. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです