メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人ひろしま

人・ひろしま 「怪談」伝承、古里を元気に 尾道市立大教授 光原百合さん /広島

尾道市立大教授の光原百合さん=広島県尾道市東土堂町の信行寺で、渕脇直樹撮影

光原百合(みつはら・ゆり)さん(55)=尾道市

 尾道市の埋もれた幽霊話や怪異譚(たん)を掘り起こし、伝承しようと、教職の傍ら住民から聞き取りを続ける。数々の怪談イベントに関わり、小説の公募も企画する。坂道が多く「階段のまち」と呼ばれる尾道。「怪談のまちにして古里・尾道を元気にしたい」と意気込む。

 「怪談は地域の歴史、文化、そして、人の暮らしと深く結びついている。怪談を見直すことは地域の魅力を再発見することだ」

 一昨年7月に尾道市の信行寺(鶴山豊教住職)で開かれた文治忌で怪談を再評価する意義を説いた。文治は幕…

この記事は有料記事です。

残り579文字(全文835文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  4. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  5. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです