メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

EU離脱延期法案、下院可決 英首相、劣勢でも強気 総選挙不発「奇策」視野

ジョンソン首相=ロイター

 英下院は4日夜(日本時間5日未明)、欧州連合(EU)からの「合意なき離脱」回避に向けて離脱期限(10月31日)を延期するための法案を賛成多数で可決した。一方、期限内の離脱を主張するジョンソン首相は対抗措置として前倒し総選挙実施の動議を提出したが、否決された。「合意なき離脱」をEUとの交渉カードとし、離脱強硬姿勢を売り物にしてきたジョンソン氏は劣勢に立たされた形だ。英メディアでは、ジョンソン氏が9日に再度、総選挙実施の動議の採決を求めるとの観測が強まっており、混乱は続きそうだ。【ロンドン服部正法】

 議院内閣制の元祖・英政界は離脱問題を巡り、予測しづらい混乱状態に陥っている。離脱強行を掲げるジョン…

この記事は有料記事です。

残り725文字(全文1026文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです