メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

検証

日露首脳会談 遠い条約締結 「目標期限」設定ならず

平和条約締結交渉を巡る日露首脳の主な発言

 安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領は5日の首脳会談で、北方領土問題を含む平和条約締結交渉について「交渉継続」で一致したものの、大きな進展はなかった。暗礁に乗り上げた交渉について新たな目標期限を設定できず、日本側が目指した「仕切り直し」には至らなかった。首脳間の信頼関係を北方領土問題の解決につなげる戦略には限界が見え隠れし、首相が目指す自民党総裁任期(2021年9月まで)の条約締結は遠のいている。【ウラジオストク鈴木一生、大前仁】

 「ゴールまで、2人の力で駆けて、駆け、駆け抜けようではありませんか」。首脳会談後に開かれた「東方経済フォーラム」の全体会合。インドのモディ首相やマレーシアのマハティール首相らが同席する中、首相はプーチン氏に平和条約締結を呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り1922文字(全文2257文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです