メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

英首相VS議会=西川恵

 <kin-gon>

 栄光ある歴史と伝統をもつ英保守党が分裂の危機にある。英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)の期限を延期する法案を巡り、ボリス・ジョンソン英首相が造反した与党・保守党の議員多数を除名処分にしたからだ。

 除名された保守党議員は21人で、閣僚経験者など党重鎮も多い。ウィンストン・チャーチル元英首相の孫で、37年の政治活動歴をもつニコラス・ソームズ氏もその一人。チャーチル元首相は第二次大戦勃発直後に保守党党首となって戦時内閣を指揮したが、難局にもたじろがなかった断固たる指導力は「保守党指導者のあるべき姿」として生き続けている。その孫が除名されたのである。

 英保守党は設立されて約200年。大英帝国の政治の一翼を担い、さまざまな試練をくぐり抜けて今日に至っ…

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文1023文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです