メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

英首相VS議会=西川恵

 <kin-gon>

 栄光ある歴史と伝統をもつ英保守党が分裂の危機にある。英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)の期限を延期する法案を巡り、ボリス・ジョンソン英首相が造反した与党・保守党の議員多数を除名処分にしたからだ。

 除名された保守党議員は21人で、閣僚経験者など党重鎮も多い。ウィンストン・チャーチル元英首相の孫で、37年の政治活動歴をもつニコラス・ソームズ氏もその一人。チャーチル元首相は第二次大戦勃発直後に保守党党首となって戦時内閣を指揮したが、難局にもたじろがなかった断固たる指導力は「保守党指導者のあるべき姿」として生き続けている。その孫が除名されたのである。

 英保守党は設立されて約200年。大英帝国の政治の一翼を担い、さまざまな試練をくぐり抜けて今日に至っ…

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文1023文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 「消費増税ストップ!」 導入反対デモに600人 野党増税反対で一致

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです