メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

「線状降水帯」なぜ起きるの? 湿った暖気流れ込み、積乱雲が帯状に発達=回答・斎藤良太

九州北部大雨のメカニズムのイメージ

 なるほドリ 8月28日に九州北部が大雨に見舞われて、車が水に流されたり住宅に浸水したりして大きな被害が出たね。「線状降水帯(せんじょうこうすいたい)」が大雨の原因だと聞いたけど、それって何?

 記者 地表付近に暖かく湿った空気が流れ込むと、大気の状態が不安定になり、積乱雲(せきらんうん)という雨雲が発達します。夏場に夕立を降らせる雲です。地形などの影響を受けて、積乱雲が同じ場所で次々と発生し発達を繰り返すと、長さ50~300キロ、幅20~50キロの帯状(おびじょう)に連なって大雨を降らせます。そのエリアが線状降水帯です。

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文799文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  5. 釜石で外国人観戦客が民泊 交流に笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです