メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

改憲議論、政調会長の下で 自民に浮上 「安倍色」薄め進展狙う

政権の「骨格」と自民党の改憲組織変更案

 安倍晋三首相(自民党総裁)が11日に行う内閣改造・党役員人事に合わせ、党内で憲法改正について議論する総裁直轄機関の「憲法改正推進本部」の所管を政調会長に移す案が浮上している。留任が固まった岸田文雄政調会長は憲法9条改正に慎重な立場で、「安倍色」を弱め、野党の反発を和らげて停滞する改憲議論の進展を図る狙いがある。【遠藤修平】

 「参院選で頂いた国民の力強い支持に応え、約束した政策を一つ一つ実行していく。政治の継続性、安定性も重視しつつ、気持ちも新たに、さまざまな課題に果敢に挑戦していく」。安倍晋三首相は2日の政府・与党連絡会議で、人事の狙いを強調した。7月の参院選で首相が争点に掲げたのは「改憲議論の是非」で、改憲への意欲もにじませた格好だ。

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

  2. フォーカス 松下洸平 ドラマ「#リモラブ」青林風一役 恋がほぐす頑固な心

  3. ORICON NEWS 映画『コナン』来年4・16公開決定 高山みなみ「ワクワク感高めていきたい」 新プロジェクトも発表

  4. 不法残留の疑い ベトナム人3人逮捕 梨の窃盗事件で家宅捜索 埼玉県警

  5. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです