メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みんなの広場

復興進まぬ真備町の現実=中学教員・佐藤昌弘・63

 (千葉県習志野市)

 昨年7月の西日本豪雨で大きな被害を受けた岡山県倉敷市真備町。ここには妻の実家があり、義母が一人暮らしをしていた。水につかった家屋にはもう住めないので、公費で解体してもらい、工事後の現況確認のため、この夏に久しぶりに妻と現地を訪ねた。

 交通機関は復旧しているので最寄り駅まではスムーズに行けたのだが、現地を歩…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 京産大で学生13人感染 欧州旅行や卒業祝賀会参加 市「クラスター発生」

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです