メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費税10% 生活どう変わる

消費税10% ポイント解説 飲食料品「おまけ付き」の扱いは? 原則「軽減」対象外に

「一体資産」の税率は…

 飲食料品(酒類と外食を除く)は、価格にかかわらず軽減税率8%が適用される。ただ、食品とその他のものを組み合わせた商品は「一体資産」とみなされ、原則、軽減税率の対象外で10%になる。

 例えば、高級な器に盛りつけられたおせち料理。食品であるおせちは本来8%だが、器が陶器などで消費者が再利用すると見込まれる場合は10%になる。食品と食品以外のものが一緒に入った福袋や、おもちゃ付き菓子、キャラクターをかたどった容器に入った菓子なども一体資産とみなされそうだ。

 ただ、これには例外がある。(1)一体となった商品の税抜き価格が1万円以下(2)価格に占める食品の割…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです