ラグビー リポビタンDチャレンジカップ 日本代表、きょう南ア戦 母国に挑む桜の戦士 フランカー・ラブスカフニ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
南アフリカ戦に向けて調整するラグビー日本代表のフランカー、ピーター・ラブスカフニ=埼玉県熊谷市で2019年9月5日、角田直哉撮影
南アフリカ戦に向けて調整するラグビー日本代表のフランカー、ピーター・ラブスカフニ=埼玉県熊谷市で2019年9月5日、角田直哉撮影

 ラグビー日本代表は5日、ワールドカップ(W杯)日本大会の壮行試合「リポビタンDチャレンジカップ2019 南アフリカ代表戦」(6日午後7時15分キックオフ)に向け、会場の埼玉・熊谷ラグビー場で調整した。

 4年前のW杯1次リーグでの対戦に続く金星を狙い、約1時間、攻守の連係などを確認した。CTBラファエレ・ティモシーは「プレッシャーを楽しんで戦いたい」と意気込みを語った。

 W杯開幕前、最後の実戦で、トニー・ブラウン・アタックコーチは「(W杯1次リーグ初戦の)ロシア戦も念頭に、スピードを重視し、世界のベストチームにどれだけ戦えるかを試したい」と語った。

この記事は有料記事です。

残り410文字(全文687文字)

あわせて読みたい

注目の特集