メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球 西武7-3オリックス 負けない 首位・タカに1差守る

 西武が3連勝。二回に外崎のソロで先制し、四回に連続押し出し四球と中村の3点適時二塁打で5点を奪った。先発・松本航は6回2失点で6勝目。オリックスは2番手・岩本が崩れ、引き分けを挟んで4連敗。

 鋭い打球が右中間フェンスにワンバウンドで達した。西武の4番・中村が四回2死満塁で走者一掃の適時二塁打を放ち、試合の流れを決定づけた。

 連続押し出し四球で2点を勝ち越した直後の打席だった。代わったばかりのオリックス3番手・吉田一に対し、カウント2―2から5球目の真ん中低め146キロの直球をおっつけた。「この3連戦ではチャンスによく回ってくる」と振り返り、三回1死一、二塁では投ゴロに倒れていただけに「もう少し早く打てていれば」と反省の弁が口をついた。

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3Dプリンターで防護具 大阪大チーム作製 新型コロナ対策

  2. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  3. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  4. 新型コロナ 福岡市で1人死亡、新たに15人感染 市長「感染拡大警戒地域に移った」

  5. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです