メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震1年 発生当日誕生の隼大ちゃん 母「人を助けられる人に」

6日に1歳の誕生日を迎える山田隼大ちゃん=2019年8月27日、和田大典撮影

 北海道胆振(いぶり)東部地震から1年となる6日、東京都在住の会社員、山田亜希さん(40)の長男で、地震のさなかに札幌市で生まれた隼大(しゅんた)ちゃんが1歳を迎える。出産で里帰りし、入院先で陣痛が始まった時、経験したことのない大きな揺れに襲われた。助産師がおなかに覆いかぶさってくれ、無事に出産できた。「多くの人に助けてもらった尊い命。人を助けられる人間に育ってほしい」。そんな願いが名前に込められている。【澤俊太郎】

 35歳以上で高齢出産と言われる中、39歳での出産を予定していた亜希さんは昨年9月、「両親の助けを得…

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1157文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 堀江「相手が強くてかなわなかった」 ラグビーW杯 日本4強ならず

  4. 「日本はこれから強くなる」リーチ主将 ラグビーW杯 日本4強ならず

  5. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです