メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恐竜 むかわ竜→カムイサウルスと命名 北海道大など新種と認定

化石や複製骨格の横で、笑顔を見せる竹中喜之・北海道むかわ町長(右)と、小林快次・北海道大教授=東京都台東区の国立科学博物館で2019年9月4日、永山悦子撮影

 北海道むかわ町で発掘された国内最大の恐竜の全身化石について、北海道大などの研究チームが5日(日本時間6日)、新種恐竜と突き止め、学名を「カムイサウルス・ジャポニクス(日本の竜の神)」と付けたとする論文を英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に発表した。

 この恐竜は、見つかった自治体名にちなみ「むかわ竜」と呼ばれてきた。6日は北海道胆振東部地震の発生からちょうど1年。震度6強の揺れに見舞われたむかわ町の竹中喜之町長は「運命的なものを感じる。カムイサウルスが現代によみがえり、地震でも無傷だった。復興を目指すむかわ町も、未来へ向けて…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文674文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです