メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

壮行試合 日本 vs 南アフリカ

2019年9月6日(金)埼玉・熊谷ラグビー場場 19時15分キックオフ
日本代表7

0-22

7-19

41南アフリカ
T G PGDG
DGPG G T




前半
23


後半




【日本-南アフリカ】前半、南アフリカに3本目のトライを決められ、厳しい表情を見せる日本代表選手たち=埼玉・熊谷ラグビー場で2019年9月6日、藤井達也撮影

<写真特集はこちら>

    日本が南アフリカに6トライ許し完敗

     20日に開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の壮行試合「リポビタンDチャレンジカップ2019」が6日、埼玉・熊谷ラグビー場で行われ、日本(世界ランキング10位)はW杯優勝2度の強豪、南アフリカ(同5位)に6トライを許し、7―41で敗れた。

    <HBからのハイパントで差 日本代表、残り2週間で修正どこまで>

    <リーチ主将「スクラムは安定して4試合戦える」 日本代表選手談話集>

    <これが本当の南アフリカ 攻撃につなげる激しい防御で完勝>

    <本番前にあえて厳しい対戦 ジョセフHCが熱望した理由は>

     南アフリカとの対戦は、劇的な逆転勝利を収めた2015年W杯イングランド大会の1次リーグ以来2回目。日本は前半に3トライを奪われ、後半にWTB松島幸太朗(サントリー)がトライを返したが、及ばなかった。今年のテストマッチ通算成績は3勝1敗。

     W杯日本大会には世界各国・地域から20チームが参加。日本は20日にロシアとの開幕戦(午後7時45分開始、東京・味の素スタジアム)に臨む。

    ・ノーサイド

    日本が7-41で敗れる

    ・後半39分、日本のミスからボールを奪った南アフリカ、途中出場のハーシェル・ヤンチースが走りきってトライ。ゴールも決まって

    日本7-41南アフリカ

    ・後半36分、日本は南アフリカ陣に攻め込むが、右タッチライン沿いでノックオン。この時間帯に入ってミスが増えてきた日本

    ・後半33分、南ア陣に攻め込んだ日本がマイボールスクラムからボールを左に展開するが、冷静にプレーを見ていたWTBチェスリン・コルビが見事にパスインターセプト。そのまま80メートルを独走してトライ。ゴールも決まって

    日本7-34南アフリカ

    日本のメンバー交代

    HO坂手淳史→北出卓也

    ・後半28分、日本がパスをつないで、一気に攻め込むが、痛恨のノックオン

    日本のメンバー交代

    TBアタアタ・モエアキオラ→松田力也

    PR稲垣啓太→中島イシレリ

    ・後半20分、ボールを展開する南アフリカにプレシャーをかけ、入り込んだCTBラファエレ・ティモシーがパンチングでターンオーバー。アタアタ・モエアキオラからWTB松島幸太朗にパスが渡り、松島が独走トライ。SO 田村優のキックも決まる。

    日本7-27南アフリカ

    【日本―南アフリカ】後半、松島がトライを決める=埼玉・熊谷ラグビー場で2019年9月6日、長谷川直亮撮影

    日本のメンバー交代

    SH茂野海人→流大

    ・後半13分、南アフリカは、日本のタックルミスを誘ったWTBマカゾレ・マピンピが左タッチライン沿いを快走しトライ。ゴールは失敗したがリードをさらに広がる。

    日本0-27南アフリカ

    ・後半9分、日本がノット・リリース・ザ・ボール。南アフリカが危地を脱する。南アフリカの冷静なディフェンスが光る

    ・後半8分、日本、ラックからのサイド攻撃を南アフリカが執念のタックルですべて阻止。

    ・後半7分、日本が5メートルスクラムから連続攻撃。ゴール前手に汗握る展開。

    日本のメンバー交代

    NO8アマナキ・レレイ・マフィ→徳永祥尭

    ・後半6分、日本ボールのラインアウトは南アフリカが奪う

    ・後半5分、日本はペナルティーを得ても、トライを狙いタッチキックを選択

    【日本―南アフリカ】後半、タックルを受けながらも突進するマフィ(右)=埼玉・熊谷ラグビー場で2019年9月6日、長谷川直亮撮影

    ・後半4分、日本が南アフリカゴール前で連続攻撃

    ・後半3分、タッチキックで南アフリカのゴール前へ

    ・後半2分、日本がFWの連続攻撃で攻め込む

    ・後半が開始

    日本のメンバー交代

    PR具智元→ヴァルアサエリ愛

    LOヘル・ウベ→ジェームス・ムーア


    ・前半40分、日本は南アフリカの反則から、アドバンテージを得て攻撃するが攻め切れず。前半終了のホイッスル

    ・前半39分、なんとか前半に点がほしい日本、NO8 アマナキ・レレイ・マフィがラックのボールを奪おうとして自陣内でオフサイド。SOハンドレ・ポラードがペナルティーゴールを決める

    日本0-22南アフリカ

    【日本-南アフリカ】前半、ディフェンスを振り切り突進するリーチ=埼玉・熊谷ラグビー場で2019年9月6日、藤井達也撮影

    ・前半31分、南アフリカがスクラムから展開攻撃、WTBマカゾレ・マピンピがさらに追加のトライ。SOハンドレ・ポラードのキックはポストに当たって跳ね返り失敗 

    日本0-19南アフリカ

    ・前半22分、日本のハイパントボールを南アフリカFBルルーが好捕、走り込んできた南アフリカWTBマカゾレ・マピンピに絶妙のパス。マピンピが左タッチライン沿いを快足を飛ばして走り、トライ。SOハンドレ・ポラードのキックも決まって

     日本0-14南アフリカ

    ・前半20分、南アフリカが、スクラムから日本ディフェンスの裏に蹴り込む絶妙のキック。先制トライのWTBチェスリン・コルビがゴールギリギリでワンタッチするがトライとはならず。

    ・前半19分、日本が南アフリカのタッチキックをチャージ。日本がさらに攻めるが、ここで日本に痛恨の反則、ノット・リリース・ザ・ボール

    ・前半18分、日本が連続攻撃で、SO 田村優が切れ込む。ゴールまであと1メートル。しかし、ラックで南アフリカがターンオーバー

    ・前半17分、FL リーチ・マイケルが右タッチラインを突進、さらにボールをつないで、南アフリカゴール前で連続攻撃

    ・前半13分、日本はラインアウトでボールを確保、自陣からボールをつなぎ攻め込む

    【日本-南アフリカ】前半、密集からパスを出す茂野=埼玉・熊谷ラグビー場で2019年9月6日、長谷川直亮撮影

    ・前半12分、南アフリカが、再びタッチキックで日本ゴール前へ

    ・前半7分、南アフリカが日本ゴール前のマイボールのスクラムから、右に展開。最後は南アフリカのWTBチェスリン・コルビが、SO田村優のタックルをかわして飛び込み先制トライ。ゴールも決まって

     日本0-7南アフリカ

    【日本―南アフリカ】前半、田村(右)が相手の突進に手を伸ばすもトライを決められる=埼玉・熊谷スタジアムで2019年9月6日、宮武祐希撮影

    ・前半5分、南アフリカのタッチキックで大きく攻め込まれる。ラインアウトは日本がボールを取るが、ノックオン。南アフリカボールのスクラムに

    ・前半4分、WTB福岡が交代、アタアタ・モエアキオラが出場

    ・前半2分、日本、ハーフウェー付近でバックスが展開も、WTB福岡堅樹が負傷か。日本にいきなりアクシデント

    ・南アフリカのキックオフで試合開始

    ・両チームが、入場。国歌斉唱

    日本代表の先発メンバー

     ▽FW=PR稲垣啓太、HO坂手淳史、PR具智元、LOトンプソン・ルーク、LOヘル・ウベ、FLリーチ・マイケル、FLピーター・ラブスカフニ、NO8アマナキ・レレイ・マフィ

     ▽HB=SH茂野海人、SO田村優

     ▽TB=WTB福岡堅樹、CTB中村亮土、CTBラファエレ・ティモシー、WTB松島幸太朗

     ▽FB=ウィリアム・トゥポウ

    ロシア戦念頭、スピード重視、世界のベストチームにどれだけ戦えるか

     20日に開幕するラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の壮行試合「リポビタンDチャレンジカップ2019」(6日、埼玉・熊谷ラグビー場)で、日本(世界ランキング10位)はW杯優勝2回を誇る強豪の南アフリカ(同5位)に挑む。南アフリカとの対戦は劇的な逆転勝利を収めた2015年W杯イングランド大会1次リーグ以来で2回目。W杯前最後の強化試合で、日本は優勝候補を相手にどんな戦いを見せるか。初の8強進出に向けた試金石として注目される。

    【写真名鑑】W杯に挑む日本代表の顔ぶれ 身長・体重・略歴や寸評も

    【写真特集】アントニオ猪木さん、ラグビー代表にエール

    <リーチ>「日本は強いと思ってほしい」そのために「勝つ、勝つ、勝つ」

    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

    2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

    3. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

    4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

    5. ORICON NEWS 相葉雅紀、ツーリング企画が海外進出 バイク大国ベトナム・ホーチミンへ 『嵐にしやがれ』5日間連続発表第3弾

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです