メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

辺野古移設「軟弱地盤」 改良工事巡り有識者初会合 工法、工期も検討へ

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、埋め立て予定海域で見つかった軟弱地盤の改良工事について検討する防衛省の有識者会議の初会合が6日、同省で開かれた。沖縄県側は移設工事に反発しているが、防衛省は会議での提言を根拠に、県に設計変更の承認を申請するとみられる。

 防衛省は、軟弱地盤に砂を固めたくい約7万7000本を打ち込んで地盤を強化する工法を検討しており、工期は3年8カ月と試算する。しかし、移設に反対する沖縄県や野党は実現可能性などを疑問視している…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 練習に遅刻…阪神・藤浪が2軍に降格 矢野監督「残念で信頼失う」

  2. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  3. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

  4. コロナ専門家会議「議事録」作成せず 菅氏「発言者特定されない議事概要で十分」

  5. 枝野氏、政権構想の私案を発表 目指すは「支え合う社会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです