メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽天の携帯本格参入は来春に延期へ 基地局設置遅れ 6日発表

楽天モバイル=小座野容斉撮影

[PR]

 自前で通信網を持つ携帯電話事業に新規参入する楽天モバイルが、10月に予定していた本格的なサービスの開始時期を来年春に延期する方針を固めた。関係者が5日、明らかにした。遅れる間は、利用者を5000人程度に限定して無料でサービスを提供する。携帯基地局の設置が遅れており、10月の時点では大量の通信に耐えられないと判断した模様だ。6日に発表する。

 楽天の携帯電話参入は、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクによる寡占状態を崩し、価格競争を加速させると期待されていた。だが、サービスの根本となる通信基盤の整備が遅れ、後押ししてきた政府にも誤算となった。

 楽天は新技術による通信ネットワークを構築する計画で、2020年3月末までに3432の基地局を開設することを前提に事業の認可を受けている。東京、名古屋、大阪の大都市圏から設置を進めながら、他の地域ではKDDIの通信網を借りることで、「全国サービス」を始めようとしていた。【加藤明子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです