メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激しさ増す顧客争奪戦 各社、神経戦の様相に SBは「2年縛り」廃止発表

自社のモバイル端末を手に記者会見する楽天の三木谷浩史会長兼社長=東京都世田谷区で2019年9月6日午後1時52分、尾籠章裕撮影

 楽天の本格参入が大きくつまずき、競争激化に身構えていた既存大手3社にとっては「肩すかし」の事態となった。ただ、政府による価格引き下げ圧力は引き続き強く、顧客争奪戦は激しさを増している。

 ソフトバンクは6日、2年間の利用を条件に月々の通信料金を割り引く「2年縛り」や、中途で解約する際の違約金を廃止すると発表した。料金自体は割引を適用した水準を維持する。

 総務省は10月1日に施行する改正電気通信事業法と改正省令で、「顧客を長期契約で囲い込む手法」と批判…

この記事は有料記事です。

残り920文字(全文1147文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです