メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

韓国が福島原発汚染水処理「憂慮」 日本は抗議「風評被害及ぼしかねない」

廃炉作業が進められている福島第1原発の(右から)1~3号機=福島県で、本社ヘリから手塚耕一郎撮影

[PR]

 政府は6日、韓国政府が東京電力福島第1原発の汚染水処理を巡って国際原子力機関(IAEA)に「憂慮」を伝達したことを受け「韓国側の発表は事実や科学的根拠に基づかず、いわれのない風評被害を及ぼしかねない」と外交ルートで韓国に抗議した。

 外務省によると、韓国の科学技術情報通信省は5日、汚染水浄化後に放射性物質のトリチウムなどが残った処理水が海洋放出された場合に「世界全体の生態系に影響がある」「国際的な協力が必要だ」などとして、IAEAに韓国の立場を書簡で伝えたと発表した。

 日本政府は4日、韓国を含む在京の各国大使館向けの説明会を開き、処理水の処分方法は海洋放出のほか、地下埋設や大気放出などの選択肢から「検討中」だと強調したばかり。日本政府関係者は「韓国側は海洋放出を前提に問題提起しており、影響も誇張している」と不快感を示した。

 韓国側は今月16~20日にウィーンで開かれるIAEA総会でも汚染水処理問題を取り上げる方針で、日本側も説明の準備を進める。【秋山信一】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです