メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネッシー、巨大ウナギ仮説 国際研究チーム

 ネッシーはいなかった? 英北部スコットランドのネス湖の生態系を調べていた研究チームが5日、ネッシーの正体が「巨大なウナギ」だった可能性が高いとする調査結果を発表した。首長竜のような巨大生物がいた証拠は得られなかったという。

 調査はニュージーランド・オタゴ大学のニール・ゲメル教授ら6カ国の科学者らが昨年6月に開始。約250カ所から水を採取し、水中に含まれる生物由来のDNA(環境DNA)を分析した。

 ネッシーはジュラ紀に生息した首長竜プレシオサウルスの生き残りだとする説が最も有名だが、ゲメル教授は…

この記事は有料記事です。

残り361文字(全文611文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです